引越しの手続きは多肢に渡ります。

一番最初にやるべき事は、市役所の住民課へ行くことです。

そこで転居届を出します。
。この証明書が無いと外の期間で手続きが取れないことも有ります。
また市役所では、国民健康保険の申請や印鑑登録の申請なども行っておく必要があります。
また、お子さんが学校へ通っているときは、異動届などを出しておかなければ成りません。さらに郵便局へ行き、転居届を出しておく必要がありませ、この手続きを行っておくと、半年間の間旧住所へ届いた郵便物は、新しい住所へ転送してもらえます。
さらに水道や電気ガスなどの申請も必要です。

電気とガスはインターネットからも行えます。
インターネットでは転居で調べれば直ぐにたどり着けるはずです。

旧住所の電気やガスを止め、新しい住所の回線手続きと開栓を開いて貰う事もそこで出来ます。
ガスの開栓には、立ち会いが必要ですので、事前に立ち会える日を決めておく必要が出てきます。
また、電話の回線の移転手続きを行っておく必要も有ります。
これは116へ電話をすることで解決できます。
これらの後に、前日には引越しの挨拶や不用品の処分、荷造りの確認などを行っておく必要も有ります。
引越し後は転入届の提出やご近所への挨拶、引っ越し通知書の作成、クレジットカードや免許証、生命保険などの住所変更なども行う必要があります。
これ以外にも色々と手続きは非梅雨ですが、取りあえずは市役所で転出届を出すことから始めるのが一番良いと思います。
Copyright (C)2017引越しの手続きはすぐにやってしまおう.All rights reserved.